2010年10月30日

■あなたの銀行残高が大きく増える無料ビデオ

あなたは今の自分の銀行残高に満足していますか?
自分の年収はこんなもんだと諦めていませんか?
もっと収入をアップさせて、
好きな時に好きな事ができる経済的自由を手に入れたいと思いませんか?

実はそれを可能にしてくれる人物がいます。世界中で既に数千人の
億万長者を育て上げた実績を持つ全米No.1マネーコーチの
ローラル・ラングマイヤーです。

ローラルの指導を受けた人は、誰もが自分の収入をダイナミックに
アップさせています。

この無料ビデオにその秘訣が公開されています。

無料ビデオ「ウェルスサイクル3Days集中講座」はあなたの
人生を変えるかもしれません。

http://123direct.info/tracking/af/290642/4ElruTQT/

ローラル・ラングマイヤーとは、
「米国のファイナンシャルコーチング、コンサルタント会社である
リブ・アウト・ラウド社の創設者であり代表取締役社長。
プロのマネー・コーチであり、国際的に名を知られている講演者でも
あります。アンソニー・ロビンスやマーク・ビクター・ハンセンなど
世界的に有名な講演者のイベントなどにも数多くレギュラー出演し、
豊かさを求める人々に大きな影響を与え、彼らの経済的状況を変えて
きました。2008年から2009年にはアメリカの全国ネットワークTV番組
にもマネーエキスパートとしてレギューラー出演し、実際に視聴者の
家族を経済的苦境から脱出させ、不労所得が得られるようになるまで
導き、その見事な手腕とエネルギッシュな指導で多くのファンを魅了
しました。2008年には映画・DVDの「ザ・シークレット」にも出演
しています。彼女が設立したリブ・アウトラウド社は講演会、
ワークショップなどを通して、米国だけではなく、世界中に活動の場を
展開しており、人々のファイナンシャルリテラシーの向上と、
経済的自由の達成に大きく貢献しています。彼女の個人コーチングや
ビジネス・コーチングプログラムからは多くの成功者が生まれており、
その実績は世界中で高く評価されています。これまで4冊の著書を
表しており、過去発刊された書籍は4冊とも全米でベストセラーと
なっています。日本では、第一冊目の著書が「億万長者養成講座」
(2008年 ダイヤモンド社)として発刊されています。」

もしあなたが、ローラルから経済的自由を手に入れる秘訣を学び、
将来の不安から解放されたいなら、この無料ビデオを見ることを
お勧めします。

http://123direct.info/tracking/af/290642/4ElruTQT/
posted by syori at 01:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

■癒しルームとは

■癒しルームとは
心と体を癒し、優しく働きかける手技や各種療法、代替医療などに取組んでいる施術院・治療院。 主なものとして柔道整復師(整骨院・接骨院)、鍼灸院、エステティックサロン、カイロプラクティック、リラクゼーションなど。西洋医学だけではなく、東洋医学・統合医療に力を入れている西洋医学の治療院も含む。



■癒しルームガイドは全国3500件を超える癒しのプロの集まりです。
皆さんの住んでいる街の「施術院」や「治療院」などの「癒しルーム」をホームページで探して・見て・選ぶ事が出来ます。住所や治療院名だけの情報ではなく、全国の癒しのプロを詳しく紹介します。
「疲れた体を癒したいけれど、施術院に行くのってちょっと不安・・・」皆さんも感じた事ありませんか?「どんな施術をするのだろう?」「痛くないかな?」「値段は高くないかな?」など、各施術院の情報をホームページでじっくり見て、雰囲気や施術内容・先生の考え方などが分かってからなら、もっと行きやすくなりますね。自分に最適な癒しの場を見つけて下さい!
posted by syori at 04:27| Comment(27) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

癒しの効果と時代のニーズ

癒しの効果と時代のニーズ
癒しの持つ力は心身ともに持続的・恒久的・継続的な安らぎの効果をもたらす。過激さの持つ力は、瞬間的・一時的なもので、しかも往々にして強い心的刺激を伴うので心身に悪影響を及ぼす可能性がある。

人間には心身ともに癒し要素を持つものが本質的には受け入れられる。特に心身にストレスがたまっている場合などは過激さは不適切である。バブル時代は白熱した刺激が好まれる傾向もあったが、バブル崩壊後、社会が不安になってくると過激な刺激はよどみ嫌われた。元々、過激さには人体危険が伴うのが常であり、それを求める傾向は一種の自虐行動である。心理学的に人間が本質的に求めているのは安らぎと平穏であり、もともと人間は攻撃的な要素を好まない。もしくは極力避けることで自己防衛を図る生き物なので、癒しを求めることを攻撃的要素を避ける意味でも非常に大きな意味を持つと本能的に知っている故の現象である。

posted by syori at 00:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

癒し

用法の昔と今
癒しは元々、宗教学や宗教人類学で、未開社会の暮らしを続ける人々の間で呪術医が、病に陥った人を治す悪魔祓いの行為について言ったものだという。上田紀行の『覚醒のネットーワーク』(かたつむり社 1990年)で、セイロンの悪魔祓いについての言及の中で使用されたのが、この言葉の今日のような用法での最初だという。こちらの意味では、なんらかの原因で、地域社会や共同体から、孤立してしまった人を再び、みんなの中に仲間として迎え入れること、そのための音楽や劇、踊りを交えて、霊的なネットワークのつながりを再構築すること、これこそが癒しだという。

現在では、そうした言葉の出自が及びもつかないくらいの多様で、曖昧な用い方をされている。その用法のあらましを鑑みるに、ストレスやうつ病傾向など、過度の緊張や慢性的な心的疲労を蓄積させている人に、さまざまな手法で、一時的、あるいは中短期的なストレス軽減のための手段を提供する行為、また手段、そのためのアイテムのさまざまなものを総称して、癒し、癒しグッズという言い方をしている。こちらでも、自分を取り戻す、自分の居場所、自分が拠り所とみなす人々の元にあることは同様の重要性を持っている。

posted by syori at 22:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。